『確定申告』ってなに?

キャバクラでバイトをした場合、税金の申告や還付のために確定申告を行う必要がある場合があります。
どのような時に確定申告が必要であるか、また確定申告を行うにはどうしたらよいのか、ご紹介します。

バイトで働いている場合でも、収入が一定以上の場合にはその全額が支払われるのではなく、お店はあらかじめ給料から所得税にあたる金額を多めに差し引いて支給します。
これが源泉徴収です。
この源泉徴収はいったんお店のの経営者が預かってキャストに代わって国に納める形になり、その預り金は1年後の確定申告すると本人に戻ってくることになっています。
確定申告とは、1月1日から12月31日までの間に得た所得や、そのために必要だった支出その他を計算して税務署に申告することです。
その所得と支出の経費その他とを照らし合わせて税務署が計算をして、納付する所得税の額が決まるという仕組みなんですね。
確定申告をするとどうなるかというと、税金が不足している場合は追加徴収となり、払いすぎている場合は還付を受けることができます。

確定申告をする必要がある場合ってどんな時?

では、どのような場合に確定申告をする必要があるのかというと、副業での給料の1年間の総額が20万円を超えた場合です。
それ以下であれば確定申告をする必要はありません。
ただし、お給料から所得税にあたる金額を天引きされていますから、たとえ年収が20万円未満でも確定申告をすると、その分がそっくり戻ってくることになります。
そのためにはお店から源泉徴収票を発行してもらって申告をします。

確定申告に必要なものは?

この時に必要となるのは領収書です。
キャバクラで働くときに必要な衣装やメイク代は必要経費として認められますので、そのような領収書やレシートはきちんと保管しておくようにしましょう。
だいたいの場合、バイトだとしてもキャバクラで1年間働けば総年収が20万円どころか、その何倍にもなっているはずです。
そうすると当然確定申告をしなくてはなりませんから、その際に支出の分を証明するこれらの書類が必要になります。

税務署に行かなくても国税庁のサイトで作成可能

確定申告は難しく考えることはありません。
税務署を訪れて書類を作成することもできますが、国税庁のサイトの「確定申告書等作成コーナー」の利用すると画面の指示に従って入力していくだけで、簡単に申告書を作成することができますよ。
作成した申告書は、税務署へ持っていくかもしくは郵送すればOKです。
e-Tax(国税電子申告・納税システム)の手続きを行っておけば、専用機器でそのままオンラインで申告することもできます。

画像出典元:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm