『マイナンバー』って何?

そもそもニュースなどでよく聞く『マイナンバー』とはいったい何なのでしょう?
社会保障税番号制度、いわゆるマイナンバー制度とは国が行政の効率化や国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現のための社会基盤を実現するために導入した制度です。
国民一人ひとりに生涯変わらない12桁のマイナンバー(個人番号)が割り当てられて、確定申告などの税、年金や雇用保険などの行政手続きに仕えるようになるというものです。
2015年末あたりから住民票がある各自治体から「通知カード」が送られたというかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

行政面のメリット

ではマイナンバー制度の導入によって、どのようなメリットがあるのでしょうか?
まずは行政面のメリットを紹介しましょう。
これまで日本では、「パスポート」、「運転免許」、「税金」、「住民票」、「年金」、「健康保険」、「雇用保険」などの全ての番号は、それぞれが管轄する機関でバラバラに管理されていました。
そのため、個人を特定するための情報を変更しても、その他のデータも連動して変更することができず、データの間違いが起こりやすいという課題がありました。
また、それぞれの機関によってデータを管理をしていますので、それだけ保守費用がかかりますし、セキュリティ的にも情報漏えいのリスクがあるといった課題もありました。
制度の導入によって、バラバラに管理されていた情報を「マイナンバー」という個人一人ひとりを認識する番号で繋げて、データを一元管理することができるので、課題を解消することができます。

私たちが受けられるメリット

次に私たちが受けられるメリットをいくつか紹介すると、まずは引越しなどのライフスタイルの変化で変更しなければならない書類の手続きが簡単になることが挙げられます。
引越しの際に、住民票を始めとする書類の手続きって、結構多くて大変ですよね。
警察に行って、役所に行ってたらい回しにされて…なんて思いをされた方も多いはずです。
今後はマイナンバーを活用することでこれらの手続きが減ることが期待できます。
そしてキャバクラでキャバ嬢としてバイトをするなど複数の収入先がある場合でも、マイナンバーを活用して確定申告の際に正確な所得を把握する事ができるので、その正確な所得に応じた課税や年金、社会保障などが可能になるようです。
これによって給付や課税の二重加算といった間違いもなくなるでしょうし、所得隠しや氏名変更によるごまかしなどが不可能となるので、脱税や不正受給が減ることが期待できます。
これらのメリットを上げると、確かに導入後、私たちの生活も便利になりそうですね。