副業がバレる原因の一つ『身バレ』

家族や会社に隠れてキャバクラでバイトをしている方も多いのではないでしょうか?
やはりキャバクラだけではなく夜の世界のバイトはダークで甘美なイメージが強いので、あまりオープンにしたくないという方もいらっしゃるはずです。
また、会社で副業を禁止しているのでバレたくない、ひやひやしながら副業しているという方もいらっしゃると思います。
バレてしまう理由はいろいろとあります。
本業の勤務先の同僚がお客様として来てしまうかもしれませんし、お客様がSNSに写真をアップしてしまうことだってあります。
これらの身バレは交通事故のようなものですが、実は身バレ以外にもバレてしまうことがあるのです!

副業がバレる原因の一つ『住民税』

その原因は「住民税」です。
住民税は所得に掛けられる税金で、都道府県および市区町村などの地方自治体に納められる税なのですが、基本的に会社の給与から天引きする形で納税する仕組みになっています。
この納税方法を「特別徴収」といいますが、この「特別徴収」から副業がバレてしまう可能性があるのです。
バレてしまう仕組みを簡単に説明します。
特別徴収にあたって地方自治体から勤務先に「xxさんは、このような計算から、いくらの住民税です」といった内容が書いてある「住民税の個人別明細書」が送られてきます。
この明細書は2部送られてきていて、ひとつは社員の方々個人にお知らせするため、そしてもう一部は勤務先の給与計算用の資料として送られてきます。
勤務先の経理担当者がこの明細書をみてしまえば副業してることが一発で分かってしまうのです。

バレたくない場合はどうしたらいい?

ではバレたくない場合にどのようにすればよいのかというと、副業の住民税を「普通徴収」にしましょう!
確定申告書の「第二表」を開いてみると、右下に『住民税・事業税に関する事項』という欄があります。
その中の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という枠内の「自分で納付(普通徴収)」欄にチェックを入れればOKです。
そうすれば、給与分の住民税は今までどおり給料から天引き、副業分の住民税は自分で直接納税、ということが出来るようになります。

ただし、これはあくまで住民税の支払方法を分けたにすぎません。
当然ながらバイトが中心になってしまうと、確定申告ではばれなくても、生活スタイルや金遣いが変わったりしてバレてしまう可能性は十分にあります。
余計なトラブルを起こしたくなければ、副業をする際には、副業禁止にしているかどうか、きちんと就業規則等を確認してからにしましょう。